2012年7月25日
WPZR-30441/2/3 / ¥3,980 (tax incl.)
★2CD+DVD の3 枚組限定盤★(購入ページはコチラ)
CDのみの通常盤も同時発売(購入ページはコチラ

極限状態の狂気と混沌が、再び全世界を飲み込んでいく…
アイオワが産んだ9人からなる究極の怪物:猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノット。彼らの約15年に及ぶ混乱の歴史を集約した、史上初のベスト・アルバム!

DISC 1-CD: ベスト・アルバム(全19 曲)
DISC 2-CD: 2009 年のDOWNLOAD FESTIVAL 出演時の音源を収録した究極のライヴCD
DISC 3-DVD: 彼らの全ビデオ・クリップを完全収録+追加映像も収録!

【DISC 1:ANTENNAS TO HELL】
01. (sic)
02. Eyeless
03. Wait And Bleed
04. Spit It Out
05. Surfacing
06. People = Shit
07. Disasterpiece
08. Left Behind
09. My Plague (New Abuse Mix)
10. The Heretic Anthem (Live)
11. Purity (Live)
12. Pulse Of The Maggots
13. Duality
14. Before I Forget
15. Vermilion
16. Sulfur
17. Psychosocial
18. Dead Memories
19. Snuff


【DISC 2 – (SIC)NESSES: LIVE AT THE DOWNLOAD FESTIVAL 2009 (CD)】
01. (sic)
02. Eyeless
03. Wait And Bleed
04. Get This
05. Before I Forget
06. Sulfur
07. The Blister Exists
08. Dead Memories
09. Left Behind
10. Disasterpiece
11. Vermilion
12. Everything Ends
13. Psychosocial
14. Duality
15. People = Shit
16. Surfacing
17. Spit It Out


【DISC 3 – DVD】
●MUSIC VIDEOS / ミュージック・ビデオ
01. Spit It Out
02. Surfacing
03. Wait And Bleed
04. Wait And Bleed (Animated)
05. Scissors
06. Left Behind
07. My Plague
08. People = Shit (Live)
09. The Heretic Anthem (Live)
10. Duality
11. Vermilion
12. Vermilion Pt. 2
13. Before I Forget
14. The Nameless (Live)
15. The Blister Exists
16. Psychosocial
17. Dead Memories
18. Sulfur
19. Snuff
20. Psychosocial (Live)

●BROADCAST FROM HELL / ブロードキャスト・フロム・ヘル
各メンバーにフォーカスをあてた9 編、そしてバンドにフォーカスをあてた1 篇の合計10 編のショート映像。
監督: M. Shawn Crahan


1999 年、混沌とした怒りをもって世界を飲み込んでいった怪物が世に放たれた。不気味なマスクとコスチュームを身にまとい、「個」という存在を一切消し去るという強烈な「個性」を放ちながら、怒り、痛み、憎しみ、全ての感情を吐き出すその音像で世界中を混乱の渦に巻き込んでいったスリップノットという名の怪物が…。

1999 年のデビューから現在まで、4 枚のスタジオ・アルバムと4 枚の映像作品、1 枚のライヴ・アルバムを発表し、世界中で2,000 万枚以上のアルバム総売上を記録、11 ものプラチナム・アルバムと38 ものゴールド・ディスクを獲得、グラミー賞では7 度のノミネートを受け、2006 年度のグラミー賞では「ベスト・メタル・パフォーマンス」を受賞、ここ日本でも、発表したスタジオ・アルバムは全てゴールド・ディスクを獲得し、近作ではオリコン総合チャート2 位を記録するなど、この驚異的な記録を持つ巨大な怪物は、世界中にマゴッツ(スリップノット・ファンの総称)を増殖させ続けながら、混沌としたその世界観で総てを飲み込んでいく存在となっているのだ。その存在感は、単なる「バンド」としてだけではなく、カルチャーであり、アートであり、人生の生き方までも意味するものだ、とも言えるだろう。

今までのロック・シーン/メタル・シーンを振り返ってみても、ここまでの強力なインパクトを持つバンドはないだろう。その猟奇的な風貌と、暴力的なまでに獰猛でエクストリームなサウンド・スタイル、そして9 人の個々がお互いにぶつかり合いながら際限なく巨大化する究極のライヴ・パフォーマンス、その全ての要素が、誰にも真似できないほどの「独自性」を吐き出すのだ。既成の価値観を全てぶち壊し、不屈の精神によって産み落とされるそのあまりにも独創的な「アート/芸術」は、まさしく「唯一無二」の言葉に相応しい。スリップノットの出現は、今までの流れを全て変えてしまうほどの衝撃に満ちているのだ。

デビューから13 年、バンド結成から数えると約17 年にも及ぶキャリアを総括する、彼らにとって初のベスト・アルバム『アンテナズ・トゥ・ヘル』が、2012 年7 月、いよいよ発売される事となった。「名もないバンド」としてスタートし、その後「世界における最も巨大なバンド」として成長していくまでを捕えた、究極のベスト・アルバムだ。今までの混沌とした歴史、その全てを集約し、そしてバンドの結成メンバーであり2010 年に残念ながら他界してしまった?ことポール・グレイ(b)の人生を讃えるものとなり、さらにはスリップノットとしての「第一章の終焉」を告げる作品であり、同時に、さらなる混沌とした世界で世界中を飲み込み続ける怪物としてのこれからの「未来」をも祝した作品となるのだ。

このベスト・アルバム『アンテナズ・トゥ・ヘル』は、年代順に各アルバムからほぼ均等に選曲された楽曲が全19 曲収録されている。まず1 曲目から5 曲目は、彼らの歴史的デビュー・アルバム『スリップノット』からの楽曲。全ての憤怒を巨大な塊として吐き出したこの作品からは、あの驚愕のオープニング・トラック「(シック)」や、グラミー賞初ノミネートをバンドにもたらした「ウェイト・アンド・ブリード」、ライヴでの壮絶なマゴッツを巻き込んでのカオティックなパフォーマンスを引き起こす「スピット・イット・アウト」などが選曲されている。そして6 曲目から9 曲目までは、その極限の獰猛性が所狭しと暴れまわる名盤『アイオワ』からの楽曲が続く。この作品からは、全マゴッツのアンセムとも言うべき「ピープル・イコール・シット」や「ディザスターピース」、映画『バイオハザード』にも使われた「マイ・プレイグ」が収録されている。(ちなみに本ベスト作に収録されている「マイ・プレイグ」は、映画のサントラに提供したヴァージョンで収録)10 曲目と11 曲目は、全米で4x プラチナムを獲得したライヴ映像作品『ディザスターピーシズ』からのライヴ音源。「If you’re 555, then I’m 666」というコーラスが凄まじいインパクトをもって放たれる「ザ・ヘレティック・アンセム」と、ファースト・アルバムに収録されながら権利上の問題で外されてしまった「ピュリティ」を収録。そして12 曲目から15 曲目は、バンドが解散の危機を乗り越えてシーンに復活した『VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』からの楽曲。けたたましく流れるサイレンの音で、復活を高らかに宣言した「パルス・オヴ・ザ・マゴッツ」や、名曲「デュアリティ」、そしてバンド初のミディアム・テンポ楽曲「ヴァーミリオン」、そしてグラミー賞を受賞した「ビフォア・アイ・フォーゲット」などが収録されている最後となる16 曲目から19 曲目には、直近の最新作にして全米No. 1 アルバム『オール・ホープ・イズ・ゴーン』からの楽曲が選ばれ、新たなマスクと共に凄まじい衝撃を持って迎えられた「サイコソシアル」や、心を打つバラード曲「スナッフ」などを収録。全キャリアを網羅したこの楽曲達が、彼らが「歴史的バンド」であることをまざまざと見せつけてくれる、一つの「証明」となるだろう。

この『アンテナズ・トゥ・ヘル』は、通常盤と、2CD+DVD という3 枚組限定盤と、2 つのフォーマットで発売される、この限定盤には、2009 年の英ダウンロード・フェスティヴァルでの80,000 人の観衆の前で行われた彼らのライヴ・パフォーマンスを収録したライヴCD と(この音源は、映像作品『(SIC)NESSES』に収録されていたライヴ映像の音源だ)、そして、彼らの全ビデオ・クリップ20 本と、既に彼らのオフィシャル・サイトなどで公開されている、バンドの中心人物、クラウンによる短編ドキュメンタリー映像「ブロードキャスト・フロム・ヘル」全10 編を収録したDVD がついた3 枚組だ。この「ブロードキャスト・フロム・ヘル」は、本ベスト・アルバムに収録されている楽曲を大胆にリミックスした音源と共に、各メンバーにフォーカスした9 編の映像と、バンド「スリップノット」にフォーカスした1 編の映像、全10 編からなる作品だ。カオスに満ちた彼らの「混沌とした歴史」を、それぞれ3 分半の映像に集約した、こちらも見ごたえのある作品となっている。

怒り、痛み、憎しみ…、全ての混沌を凄まじい音像で吐き出しながら、世界を飲み込んでいく怪物=スリップノット。1995 年にバンドとしてその姿を具体化させて以来、スリップノットは数々の困難を乗り越えながら歩み続けてきた。9 人の個性がぶつかりあうこの集合体は、他の誰も真似できないほどの強い結束力で、これからも世界を飲み込み続けていくのだ…。