2002年よりSlipknotのメンバーSIDによるオフィシャルイベント『STAR FORTUNE』スタートUSの人気ミクスチャーバンド「Slipknot」(スリップノット)その中心的メンバーである「SID」(シド)の日本でのオフィシャル音楽イベントである『STAR FORTUNE』は2002年より始動いたしました。

その後2003年、2007年の開催を経ることにより
「最新の映像・音響テクノロジーを駆使し、ライブハウス・クラブスペースを空間ごとコンセプト化」

「その空間の中で、SIDら出演アーティストの音楽的世界観を全く新しいスキームで訴求すること」にフォーカスしたイベントへと一歩づつ成長しました。

2007年、3D映像技術を導入した第4回目を開催
この回では日清カップヌードルのCMアニメ「FREEDOM」とのコラボレーションを試み「FREEDOM」の映像を3Dに変換当時まだ誰も試みていなかった「3DVJ」を実現。

コンセプトは
「クラブスペースをショートフィルムの映画館のように」×「映像の中で踊っているような体験ができる」 新しい表現方法を開拓しました。

また限定の特別ユニットとして、SID+KYONO(THE MAD CAPSULE MARKETSのボーカリスト)のライブが加わり 音楽業界より大きな注目を集めました。
2009年にはイベントタイトルを『VIRTUAL GAME』に改名 開催場所をクラブから大型ライブハウスに移行3D映画が広まる兆の時代背景の中、大きな話題となりイベント集客数は過去最高の1,800人に達しました。

今回『STAR FORTUNE』10周年目となる企画の注目点は
立体音響システムを導入し映像(3D ProjectioneMapping)+音楽(surround sound)による新たな「360°の世界」へと進化します。